Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

※2016年3月10日時点の情報です。

ミャンマーへの入国には、ビザが必要。ミャンマーのビザはオンラインで取れるとのこと。しかし、出発まで時間がない。なんせ初めての海外で、準備する書類もよくわからん。もし出戻りを繰り返して間に合わなかったら大変なので、ミャンマー大使館でビザを取得することにしました。

大崎駅からミャンマー大使館への道のり

大崎駅の南口を出たら、ゲートシティの中へ。エスカレーターをおりてスタバを通過します。

そのまま外に出て。

公園の中を突き抜けると、橋が見えます。

「居木橋」を渡り、横断歩道を渡って、道なりに坂道を登ります。

そのまましばらく歩き、突き当たりで右へ。

着きました。あれ?閉まってる?

ドキッとしましたが、扉は開いていました。ドアの方から中へ。名前や住所、来館目的などを書いて、入館します。すげーキレイ。建ったばかりなんですね。館内は撮影できないので、写真はなし。

そういえば!ビザの受付時間が!短い! 9:00〜12:00 の3時間の間に行かないといけない。。。普通に平日仕事だったら行けないよ。だから代行ビジネスが流行ってるんですね。

準備した書類

さて、調べて事前に準備していった書類は、以下の通り。

●パスポート

もちろんパスポートがないと海外に行けません。ビザの申請期間内は、パスポートを預けることになります。

●写真

普通に証明写真機で撮影したパスポート用の写真。

●日程表

あくまで予定なので、詳細な情報は書かなくて良いとのこと。何時の飛行機でどこに着いて、どのホテルに泊まっていつ帰ってくるかがわかれば、A4の紙に日本語で書いていてもOKでした。

●源泉徴収書のコピー

これは、職業が証明できれば良いんだとか。写真付きの社員証のコピーで良いみたい。

●申請書

館内でも書けますが、事前に書いておいた方がスムーズです。

申請してみる

これらを揃えて、受付に提出! しかーし、受付のお姉さん「書類足りないですね」と言われ、しょぼん。冷たい。。。一旦退館して、コンビニへ行くことに。

受付で足りないと言われた書類

●パスポートのコピー

パスポートのコピーがいるんだそうです。顔写真のページの。お姉さん、あなたの後ろにコピー機あるじゃん?印刷お任せできませんか、あ、無理ですか、そうですか。

●航空券の予約証明

日程表に飛行機の便名まで書いたから、言われたんだろうか。 予約サイトから、航空券のe-チケットをダウンロードして印刷。

●背景が”白”の写真

えー!青背景だとダメなのー!あ、ダメですか、そうですか、ごめんなさい。館内に白背景の証明写真機がありました。800円。

再挑戦

さあ、満を持して再挑戦!結局、以下の書類を提出しました。

  • 日程表
  • 源泉徴収書のコピー(職業証明書)
  • ビザ申請書
  • パスポート
  • パスポートのコピー
  • 航空券の予約証明(e-チケット)
  • 背景が”白”の写真(パスポート用サイズ)

今度は大丈夫なようです。1000円を支払い、3000円は銀行振り込みをするように説明を受け、レシートのような紙2枚を受け取ります。そして、振り込み証明書と、レシートのような紙を受け取り時に持ってこいとのこと。今日が金曜日、翌週の月曜日には発行できるとのことで一安心。早速振込をしようと、ATMへ向かいます。利用したのは横浜銀行で、サクッと完了。振込控えを大事にしまっておきましょう。

ビザを受け取りに行く

さあ、受け取りは、15:30〜16:30の1時間。短っ!

後日、無事に受け取れました。ミャンマー行ってきまーす!

 

そういえば、ミャンマー大使館の周辺地図、雑過ぎません?

http://www.mm.emb-japan.go.jp/profile/japanese/aboutus.htm